Admin New entry Up load All archives

蝙蝠とか

バットマン関連の自己満足雑記。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

【アイテム紹介】バットマン ジョーカートランプ 

今回は非常に簡素になってしまいますがこちらのご紹介。

89年版バットマンのレプリカ ジョーカートランプです。
20170619_1
作品を見た人にはお分かりだと思いますが
本作でジョーカーことジャック・ネピアが持っている幸運のカードであり
なぜ彼がジョーカーを名乗るようになったのかというキーアイテムでもあります。

本編でも大きく写ったジョーカー
20170619_3
幸運のカード、とは言われていますがなぜそう言われているのかは劇中では説明はありませんが
中央の穴を見る限り、おそらく以前ジャックが撃たれた際に、このカードが止めてくれたんではないかと。
ともあれ印刷は非常に綺麗です。

20170619_2
下部には説明が記載されているプレートが付いております。
こちらはレリーフになっています。

ということでジョーカーカードですが、こちらはある方が製作なされたもので
氏の説明によりますと
・トランプ自体はオリジナルと全く同じ物を使用
・ジョーカーの絵柄面はレイアウト調整をした後、コンピューター上で書き直し
・紙質なども映画のシーンから見て出来るだけ近づけ顔面部分の穴も同じように再現している
とのこと。
それだけ労力だけあって本当に素晴らしいクオリティに仕上がっております。

本アイテムについては15年くらい前になりますが製作者のサイトにて見た際、目を引かれたのですが
数年前にネット上で出会った方が偶然にもこのトランプの製作者であるということを知り
素晴らしいアイテムとお伝えしたところなんとお譲りしていただけることに。
本作のレプリカはバットマンは数多く出回っているもの
ジョーカーはほとんど出回っておらず、中でもこのトランプはシンプルかつ最大限に
本作のジョーカーを表現しているアイテムであり正に悲願のアイテムだったのですが
それが手に入り本当に嬉しく思います。
また併せてお譲りしていただけた氏には感謝の言葉もありません。
末長く大事にさせていただきます。

スポンサーサイト

category: 89's

tag: コレクション管理  89s 
CM: 0 TB: 0   

【アイテム紹介】 Speargun Model Kit 完成版 

えー、皆様大変お久しぶりです。
いろいろありまして最近全く更新しておりませんでした。
そもそも見てる人いるのだろうかという。
何があったかは近いうちに語るかもしれませんがそれは追々。

今回紹介するのは以前紹介したスピアガンのキットの完成品。
20170530_1
やっとこさ完成したのでサラリと行きましょう。


-- 続きを読む --

category: 89's

tag: コレクション管理  89s  Returns 
CM: 0 TB: 0   

【アイテム紹介】 Sideshow Premium Format BATMAN 1989 

今回は待ってた人がいるかどうかわかりませんが
サイドショウのプレミアムフォーマットのバットマン 1989年版をご紹介。

先に言っておきます
かなり辛口なのでこのシリーズが好きな人はUターン推奨。

それ以外の人はどうぞ。

-- 続きを読む --

category: 89's

tag: コレクション管理  Toys  89s 
CM: 0 TB: 0   

NECA Batman 25th Anniversary Figure with Blu-ray 

2015年を迎えて気が付いたら二週間経過しておりますが、今年も本ブログをよろしくお願いします。
新年一発目は結構気になってる人もいるようなのでこちらのご紹介
20150115_1
ネカの7インチバットマン 25周年記念バージョン
ネカから発売された7インチバットマンのビデオゲームバージョンをノーマルカラーにリペイントしたもので
版権の都合上一般発売はできず、今回限定ブルーレイセットの特典という扱いで発売されたものです。

20150115_2
ちなみにこのパッケージ、当時から話題となっていましたが同作品のフィギュアとして最初に発売された
トイビズのパッケージをイメージしており

20150115_3
しっかり裏まで真似たデザインとなっています。
-- 続きを読む --

category: 89's

tag: コレクション管理  Toys  89s 
CM: 0 TB: 0   

バットマン(1989)を語る 

どうもいつも当ブログを見て頂いてありがとうございます。
突然なのですが今回は自分にとっての原点、
ティム・バートン版のバットマン一作目についてあれこれ書いてみようかと。
とは言うものの、以前記載したとおり本来であれば感想を書くつもりは無く
というか何故書かないのかというのは、時が経つ事に意見が変わる為であり
今尚この作品は一年に何度も見る作品で、見れば見るほど新しい発見があり
今年書いた事を来年も同じ事言えるかと聞かれると難しいものがあるので。

ただ折角今年は25周年ですし、現状、そして今後もここだけは絶対に変わらないだろう
という設定や構想を中心に書いてみました。
前置きが長くなってしまいたが、続きを読むからどうぞ。
ちなみに遠慮なしな上、好き勝手に書いたので長いです。

-- 続きを読む --

category: 89's

tag: コレクション管理  89s 
CM: 0 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。