Admin New entry Up load All archives

蝙蝠とか

バットマン関連の自己満足雑記。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

京都マンガミュージアム バットマン研究会 

丁度昨日、京都国際マンガミュージアムにてバットマンについてを研究発表するバットマン研究会というものがありました。
僕も聴きたかったのですが流石に京都ということで諦めていましたが、ユーストリームによる生放送と録画がアップされていたので
これはと視聴してみました。
バットマンについてというよりもアメリカンコミックスを語る上でバットマンを例に取ったと言う形ですが
アメコミが与えた影響、世論によってアメコミに与えられた影響、日本漫画との違いなど
大変興味深く、面白かったです。
固有名詞を若干使用しており、無知の人にはちょっと理解が難しいものもありましたが
全体的に見て初心者にもわかりやすく説明していました。
全てを同意するかと言われるとちょっと違うのではないか、と思う点もありましたが
純粋にバットマンという作品を扱ってこうしたモノを発表してくれたのは純粋に嬉しかったです。

4時間近くとかなり長いですが、興味のある方はどうぞ


スポンサーサイト

category: 雑記

CM: 0 TB: 0   

アーカムシティ 国内版 

昨日書いたとおり、本日国内でバットマンアーカムシティが正式に発売されました。
僕も当然コレクターズエディションを買ってきたわけですが比較などいくつか書きたいことがあるのでつらつらと。
20111123_1
-- 続きを読む --

category: Game

tag: Game  Arkham 
CM: 0 TB: 0   

アーカム・シティ 追記感想 

書こう、書こうと思ってたのに実生活が忙しくて気が付いたら明日発売なアーカムシティですが
キャットウーマンについての紹介とプレイしてから一ヶ月経ち、ある程度落ち着いて感想を書けるようになったので軽く追記感想を。

の前に、以前の記事でコレクターズエディションを紹介したときに説明書が入っていないと書きましたが
予想通り公式サイトのSystemページにて説明書がアップされていました。
プレイする方は一読することをお勧めします。

さてキャットウーマンですが基本動作的なものはバットマンとほぼ同じですが、バットマンがパワータイプとするならば、キャットウーマンはスピードタイプと言った感じ。
とにかくしなやかに動くので個人的にはかなり使いやすかったです。
その分体力も低いのでカウンターと回避が重要になり、また攻撃力も若干低めらしいです。
この辺はあんまり気になりませんでした。
ただガジェットがかなり少なく、さらにどれも癖のあるものとなっており
バットマンに比べるとフリーフローコンバット時はほとんど打撃攻撃が中心となり
当然コンボ中に組み込める技も少ないのでバットマンと比べると、コンボボーナスは少なめになってしまいますが
その分戦闘中の攻撃方法の判断の選択肢が少ないので個人的には逆にスイスイと躊躇無く操作できました。
しかし一番の問題がグラップリングガンが無いという点で、バットマンのように素早く移動できないのが難点で。
移動ポイントに関してはバットマンと同じなんですが、キャットウーマンの場合は
ある程度まで近づくとそこから専用のアクションで登らなければならずそれもタイミングよくボタンを押していけば早く登れるといったものであり
普通はあまり気にならないんですが
インヴィジブルプレデター時に問題がり、結構予想外の場所に行ってしまってバレたり、また逃げようとするときにテンパって
そのまま撃たれて終わりってことも何度かありました。
更にバットマンのように遠距離から仕留めることができる、グラップリングガンもソニックバットラングも無いので
倒すには近づく必要があり、かなり大変だった記憶があります。
一応キャットウーマン専用アクションで特定の場所で天井に張り付くこともできますが場所も限られ
カバーし切れないというのが正直な感想。
そういう意味ではフリーフロー時は使いやすいけどプレデター時は大変使い難いにくかったです。

ストーリーモードでは、バットマンである程度の場所まで行くと一方その頃的な形で入れ替わるようになり、一応マップ内は自由に移動できますが
ミッションを達成しないとバットマンに戻れず、ミッション達成が中心になっています。
しかしマップはどれも専用のものを使用しているので新鮮味はあります。
それと一つアドバイスしますと、選択はプレイヤー自身が選ぶことになるのでお忘れなく ← ここ大事
また特定の条件を満たすと、マップ内のポイントで自由にバットマンとキャットウーマンを切り替えられるようになるので
散策はそれまで待ってからのほうがいいかも。

以上軽くとなりましたがキャットウーマン、以後はネタバレはありませんが結構踏み込んだ感想になるので
楽しみにしているという方は見ないことをお勧めします。
-- 続きを読む --

category: Game

tag: Game  Arkham 
CM: 0 TB: 0   

【アイテム紹介】Hasbro GOTHAM KNIGHT BATMAN 



今回は前回の記事で名前だけ出てた
BATMAN BEYOND RETURN OF THE JOKERシリーズのGOTHAM KNIGHT BATMAN
beyond002

長編、RETURN OF THE JOKERに合わせて発売されたもので
前回紹介したFUTURE KNIGHT BATMANのリペイントで一切の変更は無し。
POWER CAPE BATMANには及ばないものの、劇中に近いカラーで人気も結構高いですが
残念なことにベルトがゴールドで塗装されてしまっています(実際はシルバー)
そこさえちゃんとしててくればこれだけで満足できただけに残念。
とは言うもののお気に入りの一つです。


Beyond関連のフィギュアはこちら

category: Beyond

tag: コレクション管理  Beyond 
CM: 0 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。