Admin New entry Up load All archives

蝙蝠とか

バットマン関連の自己満足雑記。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

ホットトイズ バットマン(89) パントマイムジョーカー発表 

てなことで念願のホットトイズのバートン版だ!と喜んだんですが
まさかこれが出るとは思いもしませんでした。
次に来ると思ったのはジョーカーではなくジャック・ネイピア、
もしくは美術館襲撃時のバージョンだと思ったのですが。
けどよくよく考えたら、美術館の時って服装は同じだから
顔だけ違うっていうのももしかしたら難しかったのかも。

このパントマイム版映画を見た人ならわかると思いますが、
多分一番登場時間が少ないジョーカーなんではないかなと。
ただその割りには筆ペンが三本も付属してたり
まさかのPERSが組み込まれてたりと無駄に豪華。
劇中を再現したステージも付属しているので
「ペンは剣よりも強し」
のシーンも再現可能という素晴らしさ。

しかしこのジョーカーが出たのなら是非とも同じ場所に居た
マイケル・キートンこと、ブルース・ウェインも商品化して欲しいところ。
付属品は通常バージョンと銃弾で穴が空いたバージョンの上着と勿論バラ。
ブルースとしては一番いいシーンだと思いますし。

ともあれ、未だバットモービルも届いていない今日この頃楽しみに待ちたいと思います。

スポンサーサイト

category: 89's

CM: 0 TB: 0   

トイサピエンスのザ・バット見てきました。 

てなことでずっと時間が無くて行けなかったトイサピエンスのザ・バットの展示にやっと行けることができました。

20130512_120130512_2
20130512_320130512_4
クオリティは言わずもながら。何より見て思ったのはでかい。とにかくでかい。
さすがタンブラーの1.5倍はあるサイズで1/6と言えど、恐ろしいサイズとなっていました。

20130512_5
プロペラ等もしっかり再現され、また本体内部に配線が見られたのですが、海外のイベント展示時には
プロペラが回っていたのでその辺の動作のためかと。

20130512_6
正面にはザ・バットの説明文

20130512_7
また、ザ・バットを取り囲むように4隅のショーケースには歴代のノーランバットマンシリーズが展示されてました。
ちなみに、ここで展示されていたキャットウーマンは試作なので製品版ではありません。
そうなると発売は当分先かなぁ・・・・。
ちなみにここのケースには一人足りませんが、そのキャラは

20130512_8
一人で別のケースを占有してました。

20130512_9
そのケースの普段製品が入っている棚部分もトランプが詰められたジョーカーバージョンに

20130512_10
もう一箇所にはカモフラージュタンブラー。
ちなみにこれは結局買っていないので初めて見ました。
色が違うだけで大分印象が違うものになっており
さらにウェザリングも入っていてかっこいい。
置き場所無いですが。

20130512_11
その棚の下には真ん中に一箇所ライジングのお馴染みのマークが。

最後にもう一つショーケースがあったんですが
そこのショーケースにはクリストファー・ノーラン監督がサインしたバットモービルが入ってたのですが
そこだけは撮影禁止だった為、撮ってはいません。
撮ってる馬鹿もいましたが気付けよと・・・・。

ザ・バットの展示は今月末までやっていますので
是非その目でその大きさを体感してきてほしいと思います。

しかしやはりこのザ・バットの発売が中止になってしまったのが残念でなりません。
流石に実際作ったらあまりの大きさにどうしようもなかったってのが理由だと思うんですが
それでもやはり受注生産でもいいのでがんばってくれないでしょうかホットトイズさんと言いたくなる出来。
とりあえず10万までなら即決しますので・・・。

category: 雑記

tag: The_Dark_Knight_Rises  The_Dark_Knight  Begins 
CM: 0 TB: 0   

プレイアーツ改 DC Comics VARIANT バットマン発表 

プレイアーツ改の新シリーズとしてVARIANTなるものが展開するらしく
その最初としてバットマン、ワンダーウーマン、グリーンランタンがラインナップされました。
海外の方では早めに情報が出ていたので知っていたのですが
ちゃんとした情報を見るのはこれが初めて。
そしてそのバットマンがまためちゃめちゃかっこいい!

元のバットマンのデザインに忍者と侍のイメージを組み合わせたそうですが
バットマンに忍者が合わないわけがないと。
顔も般若を意識したということですが、これ相手を怖がらせるデザインとしてもぴったりです。
さらに日本刀などストレートな武器から巨大化したグラップリングガンと今から非常に楽しみなクオリティになっています。
しかし最初にスーパーマンを持ってこないあたり、やはり温存しているのでしょうか。
どんなデザインになるのかこちらも楽しみです

最近プレイアーツはすぐに無くなってしまうのでお悩みの方は早めの決断をお勧めします。
というかダークナイトトリロジーシリーズも余裕だろと思ってたら大変な目にあいましたし・・・

もうすぐキャットウーマンとジョーカーも発売とプレイアーツとバットマンの関係はまだまだ続きそうです。
ジョーカーもうどこにも売ってないよ~という方は、トイサピエンスでまだ予約を受け付けているようなので
泣きを見てしまう前に是非どうぞ




category: 雑記

CM: 0 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。