Admin New entry Up load All archives

蝙蝠とか

バットマン関連の自己満足雑記。

ダークナイト・ライジング公開(大体)一周年 

ということで明後日28日を持ちまして、ダークナイト・ライジングの国内公開から実に1年となります。
あれだけ楽しみにしていた作品がいつの間にか1年前の作品になるとは、時が経つのも早いものです。
当日は今でも忘れてません。
そう、この日はトイサピエンスでジョーカー2.0の限定版の予約開始日でした。
あの時は映画観に行くか、パソコンの前で待機するか本気で悩んだものです。
結局21日に先行試写会を観ていたこともあり、パソコンの前に待機していましたがそれが正解だったようで
昼前には完売してしまいました。
結局唯一初日一回目で観に行くことができなかった作品になってしまいましたがしょうがないかなとと当時は思ってたもんです。

とか思ってましたがその一年後の今日ですが、またまたトイサピにて
ホットトイズのセリーナが入荷したので仕事帰りに引き取ってきました。
原宿に着いたのが6時58分で、このままだと間に合わないと急遽電話を掛け、5分程度延長してもらいなんとか回収。
大変疲れました。

折角なんで何枚か。
20130726_1

20130726_2
顔は美人さん。
初めてのホットの植毛タイプを買ったんですが
ブラシで手入れしないと静電気で凄まじいことになってしまいますね。

20130726_3
ゴーグルダウン状態。
ゴーグル部分は劇中通りクリアレッドで成型されてます。
で、このゴーグルこのサイズで可動します。
凄いんですが、固定するピンが恐らく1ミリあるか無いかなので折れそうで非常に怖い・・・・。

20130726_4
ちなみにマスクは外せます。
マスク付けてる前提なので怖い顔してますが、アン・ハサウェイの顔をしっかり再現してます。
そんなわけで何気にハサウェイ初1/6フィギュアということに。

20130726_5
バットマンと同じく全身スーツタイプなので正直可動範囲には制限がありますが、膝は結構しっかり曲げられるので
バットポッドには乗せられますし説明書に乗せ方が記載されてますが、
残念ながら股関節はほとんど広がらず、足を上げるポーズは不可能でした。

20130726_6
トイサピ限定版なので限定のバットカウルも付属。
ただ被せることもできないので使い道はありません。
と思いましたが素顔のバットマンに持たせればダークナイトのレイチェルが爆死した後が再現できなくもない?
あの時はガントレットも外されてますが。
中は空洞になってます。

最後に我が家の泥棒猫と。
20130726_7

ということで祝(大体)一周年。
フィギュアや、レプリカなど今後もライジングアイテムが増えるといいなぁと思います。
スポンサーサイト

category: The Dark Knight Rises

tag: Toys  The_Dark_Knight_Rises  コレクション管理 
CM: 0 TB: 0   

【アイテム紹介】 Kenner BATMAN: THE ANIMATED SERIES Bruce Wayne 

少し前に映画版のブルース・ウェインのチェンジフィギュアを紹介しましたが
あれと同じ系統で発売されていた、アニメイテッドシリーズのブルースの開封用が
たまたま手に入ったのでこちらをご紹介。

20130725_1
-- 続きを読む --

category: Toys

tag: Toys  コレクション管理 
CM: 0 TB: 0   

コミコンでの情報とかお知らせとか 

ということで丁度海外では大イベント、コミコンが開催されていますが
やはり気になる情報もちらほらあるものの、一番衝撃的だったのはこれですかね。
流石にまだ製作発表しかしてないので何もわかりませんが、ベースをダークナイトリターンズにするらしいですが
ダークナイトリターンズっていうのはわかりやすく言えばバットマンの最終回ですが
やっとダークナイトライジングを終え、次のバットマンの「始まり」をやらないといけないのに
いきなり「終わり」をベースにするってのはちょっと首を傾げます。
更に僕としてもDKRをベースにした映画でしたらライジングもそうでしたしまたやるのかと。

ただなんもわからない以上どれだけの割合を使うのもわかっていないのでこれからの続報次第ですが
単純に全体の正義のスーパーマンと個人の正義のバットマンってのに焦点を当てるのかな?
16年にフラッシュ、そして17年にジャスティスリーグってことですが
ジャスティスリーグの前にスーパーマンとバットマンという二大スターで地盤を固めるつもりなんでしょうが
じゃあバットマンのオリジンは一体どこでやるのだろうかと。
いきなり共作でオリジンやるのも無理がありすぎますし。
まさかノーラン版の続きとかやりだすとそれはそれでちょっとと思います。
個人的にはそこをどうするのか判った上で他の作品に期待したいところ。

あとお知らせがあるのですが、実は先週からお仕事を変えまして、今現在中々に四苦八苦してる状態でして。
作業時間が長くなったとかは無いんですが、ちょっと環境慣れとかもしていないので
少しの間まったく更新が無くなってしまうかもしれませんので先にそれだけお伝えしておきます。
遅くても一ヶ月くらいには完全に持ち直したいと思っておりますので・・・・・。

category: 雑記

CM: 0 TB: 0   

Lego Batman: The Movie 感想 

20130705_1

買おう、買おうと思ってて買ってなかったのですが、先日米アマゾンで色々注文したついでに
購入してやっと見ることができました。

トレーラーを見た時点でわかっていましたが作品自体はゲームのレゴバットマン2を映像化しただけという感じ。
そういう経緯もありましてゲームクリアしてるし後でいいかぁ、と今に至ったわけですが。
そんなわけで展開がわかっている前提で見たのですが、これが意外や意外中々に楽しめました。
レゴというわけで子供向けですが全編に渡ってアクションあり、ギャグありと最後まで飽きずに見ることができ
初見だと更に楽しめると思います。
全体的にはギャグというか緩い展開ですが、レゴになっても決める時は決めるので
ちゃんとヒーローモノになってますし。
英語自体は複雑な英文も少なめなので展開も結構わかりやすいです。

ゲームプレイ部分もしっかり映像化されてて違和感も無く、それこそ最初からゲームじゃなくてこれだけでも良かったんじゃないかなと。
ゲームはゲームで感想書くタイミングが無くて未だに書けずじまいですが
かなり面白いのであれはあれでお勧めですが。

音楽はゲーム同様、ダニー・エルフマンの作曲の数々がゲーム同様使われていたこと。
なのでBGMの大半はバートン版バットマンそのままです。
何曲かオリジナルもありますが知らない人であれば
エルフマンの曲と思うんじゃないかってくらい違和感はありませんでした。
しかもそれだけではなく、ジョン・ウィリアムズのスーパーマンのテーマも流れるので
一世代前のバットマンファン、スーパーマンファンどちらも喜ぶ要素ではないかなと。
中でも最高に嬉しかったのがOPがバートン版のセルフパロディだったことで
OPに合わせてレゴで作られたエンブレムの溝をカメラが進んで行って最後にロゴに一連のシークエンスや
タイトルの表示のされ方など正にそのままでそれだけで満足してしまっている自分がいました。

国内からだとゲームの方が圧倒的に入手が容易なのでゲームだけで済ませても問題無いレベルですが
もし機会があれば見てみてもいいかもって感じでしょうかね。

ちなみに付属のフィグは出してないのでよくわかりませぬ。




category: 感想

CM: 0 TB: 0   

バットマン ダークナイトリターンズ Part1&Part2 感想 

20130702_1

国内でPart1が発売されるものの、一向にPart2の案内が無く
海外版を購入して鑑賞後に発売が発表され、気が付いたらPart2発売ということで
今更ながらに軽く感想を。

初めに最近海外ではバットマンのOVAがいろいろ出ており
イヤーワンも発売され、これでダークナイトリターンズ出ないかなぁと思ってたら
まさかまさかの発表で大喜びしました。
しかも一本に収まりきらないということで前後編と
二本に分けただけあって、そのボリュームは2時間半と正に映画に匹敵するだけ時間となり
大変満足しました。

基本的には映像化による見栄えの問題で若干違いがあるものの
コミックをそのまま再現されています。
なので本編自体の感想はコミックそのままなので割愛。
映像もコミックのイメージをうまく再現しており思い浮かんでいたイメージが
そのまま映像にされており違和感は感じませんでした。
ただ残念だったのがそれぞれのキャラクターの心境を語る部分がばっさりカットされていること。
なのでコミックを読んだ人であれば、いまそのキャラが何を思っているのか、
なんでそんな行動を取ったのかというがわかるものの
未読の人だとまったくわからないということになってしまいました。
この辺は同シリーズのイヤーワンではあっただけにこちらにも入れて欲しかった。
声優はピーター・ウィラー演じるバットマンは老齢のバットマンをうまく演じており
非常にかっこよく、ジョーカーもマイケル・エマーソンが素晴らしい演技で熱演し
当初マーク・ハミルのイメージが強すぎて心配でしたが
気が付けばあの笑い声にやられていました。
しかしハミルも今後も偶にはいいのでジョーカーをやって欲しいなぁ・・・・。

前編ではバットマンの復活とミュータント団のボスとの死闘
後編ではジョーカーとの対決とスーパーマンの決戦と
うまく見所が分けられており
どちらもシーンの追加が入り、かなり楽しめました。
特にスーパーマンとの対決はこれでもかとシーンが追加されるだけではなく
スーパーマン自体の描写に変更が入り
コミックとは違う共感できるキャラクターにもなっていました。

密度のある本編では見所は書ききれないほどあり、特典映像もメイキングは当然として更に
アニメイテッドやブレイブ&ボールドも数話収録されていて確実に値段以上は楽しめます。
しかし折角国内でDKRを販売したんだからイヤーワンも出して欲しかったところ

ちなみに海外では今度デラックスエディションなるものが出るみたいですが
こちらは本編のディスクが一枚にまとめられてるみたいなので字幕が入ってるかはわかりません。
届き次第確認しようと思います。






category: 感想

tag: コレクション管理 
CM: 2 TB: 0