Admin New entry Up load All archives

蝙蝠とか

バットマン関連の自己満足雑記。

Xbox 360 感謝祭 in AKIBA 秋の祭典 

に行ってきました。
目的は当然アーカム・シティをプレイするため。
海外では今週、国内では来月発売ですが今から楽しみで仕方なく、プレイできると知ったときは軽く小躍りしてました。
今日は4時まで友達に付き会ってゲームしてたので11時頃に目を擦って行ったわけですが
開場してから1時間後に到着したにも関わらず、誰一人プレイしておらずかなりがっかりしました。
同時出展されているHALOやデッドアイランド、Kinectスターウォーズは凄い人だかりだったのに
誰もバットマンに見向きもしていない
やっぱり海外であれだけ絶賛されてても国内だとここまで人気無いのかと思いつつも待ち時間無しだったので早速やってみました。

今回プレイしたのはチャレンジモード二種類とストーリーモードの序盤で
最初にチャレンジの方をプレイしたのですが、当然のように追加コマンドがさっぱりだったので基本は
アサイラムと同じ戦い方をしてましたがそれだけでも明らかに前作とは違うというのがヒシヒシと感じられました。
なによりもカウンターのタイミングが複数同時に発生してどうすればいいんだと悩みましたが
分からず仕舞いだったので結局個別に倒してました。
新しいコマンドは試すことはできませんでしたが、コンボ中のバットラングを連続して投げれるようになってて果てしなく気持ちよかったです。
というかそれしないと同時に襲われるのでどうにもなりません。
装備を見てみたところ、恐らく全て持っていると思われましたが、前作にもあったコンボ中のバットクローが出来なかったのはやり方が変わったのか
できないのか・・・・。
その辺は発売後に試したいと思います
ステルスのチャレンジも基本の構成は変わりませんが、今回はばれた瞬間に煙幕を張って逃げれるようになってたりしてバートン版のような感じがして大変嬉しかったです。
あとは新ガジェットのRemote Electrical Chargeも試してみましが、ソニックバットラングの違いがあまり感じられず、
この辺は発売後にならないと有効性は理解できなさそうです。

一通りのチャレンジをプレイした後にはストーリーをプレイしましたが
今作ではなんとブルースを使うことできました。
序盤の内容はアーカムシティを無くすべきだと記者会見を行っているブルースがヒューゴストレンジにつかまるところから始まりますが(ちなみにその記者会見の中継を行ってたのがヴィッキー・ベール!)
その後ブルースもアーカムシティに収容され、喧嘩を売ってきたチンピラやペンギンを倒した後に
アルフレッドにバットスーツが入ったカプセルを射出してもらいそれを装備して初めて公開されたプレイ動画に繋がるようになっていました。
今作ではグライド中にもグラップリングを使うことができるので掛けては飛び立ち、また掛けてはとずっと飛ぶことができるので鳥人間になったかのような気分にさせられました。
またグラインドにRトリガーを押すことによって急降下でき、それを使って敵を倒すこともできました。
あまり長い時間はプレイしていないので恐らく、今作の魅力の3割も引き出すことはできませんでしたが
少なくとも前作とほとんど同じそうに見えてかなりのボリュームとシステムアップが感じられ最後まで驚きの連続でした。
ストーリーも未だに全貌がわからず非常に気になりますし、
今作はマーク・ハミルがジョーカーを演じる最後の作品とも言われているので
何か大きな出来事も起こりそうですが前作見たいのは勘弁です。
前作と同じく、海外版も買うので今週には遂に満足するまでプレイできますが、更に期待が高まります。
また、今回使っていたディスクはどうやら製品版らしく(プレイ中に実績が解除されてます。)
なのに既に完全日本語されておりもしかすると海外版に既に日本語が収録されている可能性もあり
もしかすると来週には完全な魅力を引き出してプレイすることもできるかもしれません。
その辺は届き次第、お知らせしたいと思います。

ともあれ、このアーカムシティ、期待をまったく裏切らない素晴らしい出来栄えになっているので
気になっている方は是非前作と一緒に手に取ってもらえればと思います。
それと今回プレイしたらこんなものをいただきました。(チャレンジとストーリーの二回で二つ)
2011101601

販促用のバットシグナルライトみたいで投影するとバットマンのマークが描かれます。
2011101602

ちょっとしたものですがファンとしてはこういうものも嬉しいですね
何より、ほかのゲームをいくつかプレイしましたがおまけをくれたのはアーカムだけでした。
もしアクションゲームが好きな人が偶然この記事を見たのでしたら、是非とも購入をご検討ください。

それでは

関連記事
スポンサーサイト

category: Game

tag: Arkham  Game 
CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shosroom.blog49.fc2.com/tb.php/128-3b8f846a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)