Admin New entry Up load All archives

蝙蝠とか

バットマン関連の自己満足雑記。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

Batman Arkham City Lockdown 感想 

てなことで今日は先日iPhoneアプリとして配信されたBatman Arkham City Lockdownをサクッとプレイしてひとまずクリアしたので感想
とは言うもののあくまでもただのアプリなので短め
設定はよくわかりませんが、シャープが既に市長になっているのでアーカムアサイラム後な感じなんですが
ジョーカーがピンピンしてるのでまぁよくあるアナザーストーリーかと。

システムは単純な1対1のシンプル操作の格闘形式。
格闘と言っても移動は出来ず、攻撃、回避、スタン、この三つがメインです。
横にスライドさせると攻撃、タップすると回避、下にスライドでスタンとなり
どれがどんな意味あるのかはたぶん予想通りなので割愛。
ほかにはランダムで敵の部位にタッチアイコンが出るんですが、それをタップすると
敵を即ダウンさせたり、武器を排除したりできるんですがそのアクションはアーカムシティと同じでした。
ほかにもいくつがガジェットが使えるんですが、基本は相手を硬直させたり自分のステータスを上げたりと言ったもの。
どのステージも3人、ないし4人の敵を連続して倒せばクリアと単純なもので
ボス戦のみiPhoneにあわせた機能がちょくちょく登場します。
上記以上のことは無いのでバットマンらしさというものは無く
ひたすら敵をボコスカ殴るゲームでステルスだとかそういうものもありません。
ただ背景や、キャラクターのグラフィックはアーカムシティをそのままで、敵の台詞、BGMもゲーム中のものが使用されています。
また、バットマン、ジョーカー、トゥーフェイス、デッドストローク、Drストレンジは
完全新規で台詞が収録されているのでファンは必聴。
というかジョーカーの声をちゃんとマーク・ハミルがやっているのが驚いた。
アーカムシティと同時収録だったのだろうか?
個人的には単にバットマンだからやった以上の理由は無いんですが
片手で出来る上に結構歯ごたえがあるので面白かったです。
ひとまず一周したものの、当たり前の用に強化された二周目が始まりさらにコスチュームも一つもアンロックされていないので
もうしばらくはプレイすることになりそうです。
上記にも書いたとおり、ボス戦がそれぞれキャラにあった展開になっているので短いゲーム中の中でも新鮮味が感じられてよかったです。
ボス戦と言えば先に言うとラスボスはジョーカーなんですがプレイして吹きました。
このゲームはコンシューマーのようにいろいろなシステムを盛り込むことも出来ず、最後まで1対1の格闘なんですが
当然ジョーカー戦もそうなるんですよ、わざわざジョーカーがファイティングポーズを取って。
ここまで書いて大体の人が予想できたと思います。
あ、体力は結構ありましたよ。さすがラスボスと言ったところ。

良くも悪くもバットマンのファンゲーム以上のモノではありませんが、ソフト自体500円ですしバットマンが好きなら買ってもいいかもってレベルです。
少なくとも僕は全ての要素解放されるまではするつもりです。
同じ原作あるゲームだとバットマンではありませんがプレデターズスパイダーマンがかなりの良作なのでお勧め。
この二本はこれでアプリかと思わせられるくらいハマッたので買って損はないかと。

そんなアプリ話
でわでわ
関連記事
スポンサーサイト

category: Game

tag: Arkham  Game 
CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shosroom.blog49.fc2.com/tb.php/146-e0cd923a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。