Admin New entry Up load All archives

蝙蝠とか

バットマン関連の自己満足雑記。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

【アイテム紹介】 Hot Toys BATMAN(89) The Joker 

若干遅れてしまいましたが、届きましたホットトイズ、ティム・バートン版ジョーカー。
バットマンがいるのにジョーカーがいなくてどうする!?
ということで到着を楽しみに待っていたのですが、大変素晴らしいモノでした。

パッケージはバットマンと対称的なデザインで統一されていました。
20120430_1

20120430_2
内蓋にはバットシグナルならぬ、ジョーカーシグナルのプレートが入っています。
このマーク自体は劇中でジョーカーの手下が着ていたコートの胸についていたものですね。
その下には口癖の
"You ever Dance With The Devil In The Pale Moon Light?"
と書かれております。
ダークナイトの"why so serious"と同じで完全にオリジナルですが
ダークナイトに比べてちゃんと口癖のように使っていたので当時から頭に染み付いていました。

開封内容は続きから。
20120430_3
出来は、いいと分かっているので省略しますが、ジャック・ニコルソンの体系もちゃんと再現されています。
どの辺はニコルソンとか聞くのは無しで(笑)

20120430_4
顔は初のニコルソン版権アイテムということで恐ろしいくらい似ています。
しかもこれで目が動くんだからホットトイズは侮れません。
しかしニコルソンの版権初のアイテムと言われていますが、当時のモノでは
ホライゾンというメーカーが出していたガレキも凄く似ていたのであれも版権取っていたと思うんですが違ったのですかね?
模型業界はあまり詳しくないのでその辺の事情がわかりません。

20120430_5
ジョーカーの衣装をあまりまじまじと見ることはいままで無かったのですがこうして見ると結構面白いんですね。
一番良かったのがこの腹辺りのボタンがトランプのマークになっているというのおもしろいなと。

20120430_6
胸の蘭の花は金属製のクリップで留める形になっているので
ロングコートを着せるときに外すのも容易でかつちゃんと保持できます。
劇中でも造花でしたが、流石にこのサイズだとただのPVCになってしまってるのが残念。

20120430_7
付属品としてまずダミーリボルバー。
劇中ではぶっ放したあとのこれだったのでどんな構造だったんだろうかと思ったり。
旗の部分は取り外すことができるので普通の銃としても使用できます。

20120430_8
付属品と言えばステッキも付属してますが
実際ジョーカーがこれを使ったシーンは顔をメイクしたときだけだったので
どう紹介すればいいものかといい使い方が浮かびませんでした、申し訳ない。

以降は全て使用しているシーンはロングコートを着ていたのでこちらでも着せてみる。
20120430_9
本来は前を留めることができるのですが残念ながら僕のは不良品で留めるためのパーツが付いていなかったので
絶賛交換中となっております。
ですので以降は全て前は開いていますがご了承ください。

20120430_10
ジョーカーと言えばやっぱりこのシーンですね。
全弾外れるバットウイングは完全にギャグでしたが
それに対して堂々と受け止めるジョーカーは印象深いシーンでした。

"jack? jack is dead my friend, you can coll me joker"
20120430_11
ということでジョーカー初登場シーン。
本来は左手に帽子を持っていますが、持たせる手首が無いので持たせることはできませんでした。
最初に二発撃って

20120430_12
三発

20120430_13
四発

20120430_14
五発

20120430_15
狙いもせずに撃つ六発目とグラスの割れる音。

20120430_1720120430_17
で、このジョーカーなんですが、いままでコミックになぞってるなぁと思っていた程度だったんですが
いざ着せてみて飾ると予想外にかっこいいんですね。これ
ジョーカーのイメージと映画設定のマフィアの設定がうまく合わさった衣装でそこに顔の笑顔も加わり
非常に怖く、かつかっこいい姿になっていると思います。

20120430_18
バットマンを馬鹿にしていたときに使った拡声器。
非常にコメントに困るアイテムです。

20120430_19
200年記念祭の時のガスマスクとバルーン用のリモコン。
ガスマスクはPVCなのでぴったりとフィットします。

20120430_20
そしてジョーカーの一番インパクトがあった武器、ロングリボルバー。
引き抜くシーンでどんだけ長いんだよと思った矢先にそれ一発でバットウイング落とすという物凄い武器でしたが
当たり所が良かったのか、弾が特殊だったのか。
銃本体はバレルが普通の方はつや消しになっていますがこちらはつや有りになっています。

20120430_21
終盤ヘリを呼ぶために使用した無線機も付属

20120430_22
マスクとリモコン、無線機はディティールが分かり難かったので一枚。

20120430_22
ほかには札束と幸運のカードも付属しますが、バラすと戻せなくなりそうなのでバラしてはいません。
札束は小説やコミックだと、ジョーカー紙幣になっているんですが
映画だと普通の紙幣だったのか、ジョーカー紙幣だったのかずっとわかんなかったんですが
この付属品でやっとわかることが出来て実は嬉しかったりします。
幸運のカードは実際カードの絵柄の口元辺りに穴が空いてるんですがこっちは空いておらず。

20120430_23
オモチャの入れ歯も付いてますが、ちょっとでかい気が。
手動で閉じることは出来ますが内部にスプリングが入っているので固定はできません。

20120430_24
スタンドはバットマンと名前部分が違うのみ。
マークも変えて欲しかったんですがこれはこれで統一感があっていいのかなと。

20120430_25
そして出会ってしまった二人

20120430_26
当然殴られるわけですが・・・・。

20120430_27
しかしバットマンがジョーカーに向かって思いっきり殺すって断言してるシーンは当時こそなんも思いませんでしたが
原作を知るようになってからいいのかなぁと

20120430_28
バットマン共々素晴らしい出来で大変満足でしたが、やはりもう少し付属品欲しかったなぁと。
最低限眼鏡と笑い袋が欲しかったです。
ほかはブルースを撃った際に使ったデリンジャーやテレビぶっ壊したときに使ったショットガンなど。
ただイメージを維持するだけの付属品は揃っているので、少ないということは決してありません。

またやはりバットマンとジョーカーと言えば表裏一体ですが
この映画は原作以上にそれが現れているのでやはり二人居てこその商品だなぁと思います。
ブルースの両親を殺したのがジョーカーだという設定は未だに苦言を言われていますが
そうすることにより、ジョーカーがバットマンを生み、バットマンがジョーカーを生み
そしてそれぞれ怖い顔をしたヒーローと笑顔の悪人
最新装備のバットマンとオモチャのような道具のジョーカー
更に同じくいい評判ではない殺る気満々のバットマンも
その行為によって終わらせることもできますし
本当に始まりから終わりまで全てがこの映画だけで説明が付くので
一つの映画のまとまり方としてはいいと思いますし
正直僕はリターンズよかこちらのほうが好きです。
僕自身がこの映画から今に至るまでバットマンのファンをやっているからかもしれませんが
ジョーカーはこれで終わらせる気は無いと言っているので是非第二、第三の新商品を期待したいところ



関連記事
スポンサーサイト

category: 89's

tag: Toys  89s 
CM: 2 TB: 0   

コメント

さすがホットトイズ!いつもの超クオリティですね!
まさにジャック・ニコルソン!そっくりすぎてビビリますね
劇中のあのシーンやあのシーンを思い出す小物も充実していて良いですね
劇中で最もインパクトの大きかったロングリボルバーは本当に長いですねw
今になって見ても十分面白いと感じれる良い映画でしたよね~
ダークナイトも良いですが、やはり私としてはこちらのジョーカーが良いですね
そのうちドラマ版もリリースして欲しいです

ぽせもん #- | URL | 2012/05/02 02:21 - edit

>ぽせもんさん

ジョーカー共々、この映画があったからこそ今の自分がいるときっぱり言えるくらいに大好きですので
こうして20年経った今、肖像権を掛けて出したジョーカーは本当に素晴らしい贈り物でした。
映画も幻想と現実がうまく混ざりあって肩の力を抜きつつも濃密に楽しめますのでよく作業中に流しています。
フィギュア自体の小物も充実してるのでいろいろ遊ばせてやることもできますし、大変満足しています。
長い銃は初めて見たときも笑ってしまうくらいに面白かったです。

僕もやはり最初のインパクトもあり、こっちのジョーカーの方が好きですね。
ダークナイトも嫌いではないんですが笑いもしなければ遊びもしないジョーカーが
どうしてもジョーカーとして見れないんですよ。
悪役としては名演技なんですが。

ドラマ版もいいですよね。
完全に面白いおじさん状態なキャラでしたが、あれも一つの歴史として本当に大好きです。

sho #- | URL | 2012/05/10 22:39 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shosroom.blog49.fc2.com/tb.php/182-bbb43e5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。