Admin New entry Up load All archives

蝙蝠とか

バットマン関連の自己満足雑記。

【アイテム紹介】 Mattel TDKR Movie Masters Series Catwomen(goggles Down),Jim Gordon 

今回はムービーマスターシリーズのキャットウーマンとゴードンの紹介
20120701_120120701_2
キャットウーマンは二種存在しており、ゴーグルを下げたものと上に上げている二種が存在しますが
こちらは下げたもの。
上げたものも購入予定なのでそちらも届き次第ですが紹介する予定。

いつものように続きを読むからでどうぞ。
とりあえずキャットウーマンから
20120701_3
初公開時はどの辺が猫なんだといろいろ言われていましたが
僕からするとベインもあまりベインに見えませんし、ジョーカーも確かに姿はジョーカーですが
笑いもしなければ笑化ガスを使わないジョーカーはジョーカーなのか疑問を感じる部分もあったりしますので
まぁいいんではないと思ってはいます。
フィギュア自体は女性ということでバットマンとかに比べるとかなり細くなっています。
拳は物を持たせられるようにはなっていますが付属品は無いですが、
バットポッドに乗せる事はできると思います。
ただバットポッドは実家なので確認できず。
左手だけなんか親指が立ってるんですが意味があるのかはわかりません。

20120701_4
顔はゴーグルを下げたタイプなので顔は見えませんが
特徴的なゴーグルにはやはり何か機能でもあるのか気になりますが、その辺は公開時のお楽しみというこで。

20120701_5
ゴーグルは軟質素材でできるので若干できすが上に上げることもできるのでアン・ハサウェイの顔も見ることができますが
アメトイは昔から女性キャラクターのフィギュアを作るのは苦手ですしこればっかりはどうしようもありません。

20120701_6
可動範囲は上々で、細いためか、腰の可動のロールはありませんがそれ以外はバットマン以上には動きます。
しかし前作で猫には強いアーマーとして開発されたバットスーツが遂に証明されますがその効果は如何に。

20120701_7
ただトレーラー等でもバットマンと戦ってるシーンは一切無く、共闘している場面しかありません。
さすがに一度も戦わないということはないとは思うのですが・・・・。
最初から共闘するってのもなんか変な感じですし。
以前に映画で登場したリターンズのキャットウーマンはキャットウーマンの時が完全な敵で
セリーナの時のみちょっと違うと言った描写でしたが
今回は最初から最後まで利害が一致してるから協力するという原作に近いキャラクターになるような感じがしますね。

20120701_8
こんなシーンあるとは思えませんが折角主賓三人が揃ったということで一枚。

20120701_9
本体が小さいので付属するビルドパーツは一番大きい部分が付属。

20120701_10
付けた状態。
これで残りは本体の前後パーツのみとなりました。

続いてゴードン。
20120701_11
通常シリーズではなく海外のウォルマート限定品となっており
通常ラインとは別のビルドパーツも付属。
中身は以前出たレガシーエディションの二体セットの色変え版になっています。
とは言うものの肝心のレガシーエディションを紹介していませんがその内紹介予定。
キャラクター自体もノーラン版ではいなくてはならない人物でもあるので
念願のフィギュア化と言っても過言ではないでしょう。

20120701_12
顔はゲイリー・オールドマンに中々似ています。
しかしこの方のフィギュア化もロストインスペース以来ということなので
上記のフィギュア化に合わせた意味でも二重に嬉しいです。

DSC05993.jpg
付属品はハンドガンですが、何故かレガシーエディションの時から左手で持つような作りになっています。
左利きって設定も無いですしなんでこんな風にしたのかはさっぱり。
ちなみにゴードンは銃を持つことはあっても一度も発砲してないんですよね。
こちらも可動部はバットマンと一緒ですがコートがある分若干範囲は小さくなります。

20120701_13
おそらく誰よりもバットマンの横に立たせると似合うフィギュアだと思います。
アルフレッドもどちらかと言うとブルースですし。
そしてゴードンに付属するビルドパーツですがその前にもう一つの付属をご紹介。


20120701_14
手斧。
この時点で大多数の人が気付いたと思いますが
ビルドパーツはこちら。

20120701_15
割れたバットシグナルのレンズ部分。
ゴードンが出ると聞いた時には真っ先にこれが浮かびましたが正に予想通りでした。
エンブレム部分は別パーツとなっており、ライト内に置いているだけです。
しかしこのシーンはいつ見ても辛いものがあります・・・・・。
正直これの為に買ったようなものです。

20120701_16
以上、キャットウーマン&ゴードンでした。
前作の時に比べると商品数も展開も非常に速く、公開前には残り二体という状況になりました。
二体の内、片方は未だシークレットフィギュアとして非公開になっていますが
残念ながら某通販サイトであっさりバラしてしまっているので映画まで前情報を入れずに純粋に楽しむたいという人は
その手のページには近づかないことをお勧めします。
関連記事
スポンサーサイト

category: The Dark Knight Rises

tag: Toys  コレクション管理  The_Dark_Knight  The_Dark_Knight_Rises 
CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shosroom.blog49.fc2.com/tb.php/193-6b1329b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)