Admin New entry Up load All archives

蝙蝠とか

バットマン関連の自己満足雑記。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

【アイテム紹介】 プレイアーツ改 バットマン ダークナイト・トリロジー ベイン 

大変お待たせしました。
今回はプレイアーツ ダークナイト・トリロジーのベインをご紹介。

20130421_1
20130421_2
全体像。
こちらもバットマンと同じく原型時にはやたらと上半身のボリュームが盛られすぎていて
違和感があったのですがそれも大分落ち着き、実にアメコミチックな体格になりかっこよくなりました。

20130421_3
顔もトム・ハーディによく似ています
本当にバットマン共々、ここまで役者の顔をクオリティ高く表現されるとは思いませんでした。

20130421_4
可動範囲もバットマンとまったく同じです。
ただバットマンほど装飾品は無いのでわりと簡単にポージングさせることができます。

20130421_5
可動範囲は結構大きいのでお馴染みのポーズもそれっぽく付けることができます。
あくまでもそれっぽいだけで実際は掴めません。

20130421_6
付属品は非常にシンプルで開き手とスタンド以外にはバットマンの割れたカウルのみ。
こちらは指を差し込める場所があるのでしっかりと固定できるようになっています。

20130421_8
そしてこのベインという根っからの格闘タイプのキャラが可動フィギュアで出てくれたことにより
ガッシガシとバットマンと殴り合いさせることができます。

20130421_1020130421_11
20130421_7
20130421_1220130421_14
20130421_1320130421_15
20130421_16

20130421_17
以上、簡単でしたがベインでした。

いままでだとバットマンは非常に可動範囲が多いものは結構出ていたものの、
それに組み合わせるものが無くポージングさせるしか触りようが無かったのですが
今回はベインが発売されたことにより思う存分戦わせることができ、非常に面白かったです。
劇中でもこの二人の戦いは見所でしたしね。
ただやはりこのシリーズ、本当に一歩間違えるとあっさり間接が折れてしまうので
気になっている人がいましたらある程度可動が馴染むまでは絶対に無理をせず
ほんの少しずつ、動かしてちょっとでも動かなければお湯に付けてるなどの対応をすることをお勧めします。
関連記事
スポンサーサイト

category: The Dark Knight Rises

tag: Toys  コレクション管理  The_Dark_Knight_Rises 
CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shosroom.blog49.fc2.com/tb.php/235-ddec9aed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。