Admin New entry Up load All archives

蝙蝠とか

バットマン関連の自己満足雑記。

バットマン ダークナイトリターンズ Part1&Part2 感想 

20130702_1

国内でPart1が発売されるものの、一向にPart2の案内が無く
海外版を購入して鑑賞後に発売が発表され、気が付いたらPart2発売ということで
今更ながらに軽く感想を。

初めに最近海外ではバットマンのOVAがいろいろ出ており
イヤーワンも発売され、これでダークナイトリターンズ出ないかなぁと思ってたら
まさかまさかの発表で大喜びしました。
しかも一本に収まりきらないということで前後編と
二本に分けただけあって、そのボリュームは2時間半と正に映画に匹敵するだけ時間となり
大変満足しました。

基本的には映像化による見栄えの問題で若干違いがあるものの
コミックをそのまま再現されています。
なので本編自体の感想はコミックそのままなので割愛。
映像もコミックのイメージをうまく再現しており思い浮かんでいたイメージが
そのまま映像にされており違和感は感じませんでした。
ただ残念だったのがそれぞれのキャラクターの心境を語る部分がばっさりカットされていること。
なのでコミックを読んだ人であれば、いまそのキャラが何を思っているのか、
なんでそんな行動を取ったのかというがわかるものの
未読の人だとまったくわからないということになってしまいました。
この辺は同シリーズのイヤーワンではあっただけにこちらにも入れて欲しかった。
声優はピーター・ウィラー演じるバットマンは老齢のバットマンをうまく演じており
非常にかっこよく、ジョーカーもマイケル・エマーソンが素晴らしい演技で熱演し
当初マーク・ハミルのイメージが強すぎて心配でしたが
気が付けばあの笑い声にやられていました。
しかしハミルも今後も偶にはいいのでジョーカーをやって欲しいなぁ・・・・。

前編ではバットマンの復活とミュータント団のボスとの死闘
後編ではジョーカーとの対決とスーパーマンの決戦と
うまく見所が分けられており
どちらもシーンの追加が入り、かなり楽しめました。
特にスーパーマンとの対決はこれでもかとシーンが追加されるだけではなく
スーパーマン自体の描写に変更が入り
コミックとは違う共感できるキャラクターにもなっていました。

密度のある本編では見所は書ききれないほどあり、特典映像もメイキングは当然として更に
アニメイテッドやブレイブ&ボールドも数話収録されていて確実に値段以上は楽しめます。
しかし折角国内でDKRを販売したんだからイヤーワンも出して欲しかったところ

ちなみに海外では今度デラックスエディションなるものが出るみたいですが
こちらは本編のディスクが一枚にまとめられてるみたいなので字幕が入ってるかはわかりません。
届き次第確認しようと思います。






関連記事
スポンサーサイト

category: 感想

tag: コレクション管理 
CM: 2 TB: 0   

コメント

どうもお久しぶりです。すい亜です。
shoさん、ダークナイトリターンズをついに見たのですか。
個人的にブルースウェインのバットマンの最後の戦いにふさわしいものだと思っているほどです。超大作と思ってます。
ジョーカーとも最期の戦いも決着がつくけどそのつきかたがまた…なんとも…

話は変わりますがゲームのアーカムシリーズもオリジンズ(ビギンズ?)と最新作(時系列は過去)が出ますね。これもすごく楽しみにしてますが、shoさんは買いますか?

すい亜 #h/1ZVhMA | URL | 2013/07/16 19:08 - edit

>すい亜さん

お久しぶりです。
僕の中でもダークナイトリターンズはベストな最終回だと思ってるくらい大好きですよ。
アニメ版ですとキャラクターの心情が丸々カットされてしまっていてそこが非常に残念でしたが
見所が多く面白かったですね。
楽しんでいただけたのでしたら是非ともコミック版も手にとっていただけると幸いです。
なんでジョーカーに唾を吐いたのかとか最後の最後にブルースの皮肉たっぷりな心情が出てたりと
更に楽しめると思います。
あと、ライジングを見直してみると「あれ?」って思うとこもあるかもしれませんね(笑)

アーカムオリジンズは勿論国内版、海外版両方買いますよ。
こちらは結構他のサイトで情報が多々上がってるので僕の方では記事にしてないんですが
間違いなく今年の期待度No1のゲームです。

sho #- | URL | 2013/07/21 13:14 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shosroom.blog49.fc2.com/tb.php/246-a10e9d18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)