Admin New entry Up load All archives

蝙蝠とか

バットマン関連の自己満足雑記。

Batman: Arkham Origins Black Gate 感想  

今週はなんだか仕事が忙しく、記事を更新することができなかったのですが
その裏でこそこそとブラックゲートをクリアしましたので感想を
いつもの如くネタバレはありません
ちなみにVITA版です。



今作はアーカムシリーズ初の携帯ゲーム機版としてリリースされましたが
基本的には3次元だったゲームのシステムを2次元に落とし込んだ形になっています。
発表を聴いた時はGBA版のバットマンビギンズのような感じなんだろうかと思っていました
というのも初めてアーカムアサイラムをプレイした時、
これまた家庭用ゲーム機版のビギンズに似てるなぁと思ったもので

しかしいざプレイしてみるとまったく違う印象があり、むしろ任天堂のメトロイドシリーズに似てるなぁと。
確かにアーカムシリーズのシステムを継承しているのですが
このゲームのメインは戦闘ではなく探索に比重が置かれており
正直戦闘ではボスを除いて苦戦らしい苦戦はまったくしませんでした。
で、この探索というのがかなり大変でまずマップですが次行くべき場所は指定されるものの
画面は2次元、だけどマップは3次元表示されるので正直非常にわかり難い。
また目的地に着いたら着いたらでそこを調査するため画面をタッチし、お馴染み探索モードが起動するのですが
探索モードを起動してもスキャン対象が表示されず、スキャンするには対象で指で指定しなくてはいけなく
しかも指定したものがスキャンできるとは限らないのでとにかく画面全体に指をなぞらせるということが多々ありました。
で、更にスキャンできて「何か」できるとわかっても更にそこからそのギミックを作動させる為に更にまた考えてと
ゲームの大半はそういう部分に費やされました。

戦闘に関してもフリーフロー、もしくはインビジブルプレデターを駆使しますが
敵がいる場所があまり多くはありませんでした。
フリーフローは前、もしくは後ろに簡略化されているためアーカムシリーズほど敵に囲まれるということも無く
ちゃんと動けば苦も無いのですが、追尾性は低く、更に敵を倒した時の音も判りにくいので
敵に殴りに行こうと思ったらその敵が既に倒しててコンボが途切れるということがかなりの頻度で起こりました。
更に今作でもナイフやスタンロッドを持った敵が出ますが当然普通に攻撃してもダメージは通らないので
スタンしたり、後ろに回り込んだりしなければいけないのですが
最初に言ったとおり今作は前後のみとなっている上、一番近い敵を自動で狙うようになっているので
その一番近い敵が武器持ちだと自動的にそれを狙ってしまいます。
更に言うとスタンと緊急回避ないし回り込み動作に関しては完全に追尾製が無いので
武器持ちを狙った瞬間高確率でコンボが終わります。
このせいでかなりイライラさせられました。

プレデターの方はかなりがんばってはいましたが対応方法がワンパターンになりがちに。
ただこれはゲーム機を考えると仕方無いかなぁと。

ボスに関しては倒し方はよく考えられているものの
初戦だとほぼ確実に負けます。
僕自身も初戦で倒せたボスはほとんどいませんでした。
というのもアーカムシリーズではダメージの与え方というのがいままでは必ず表示されるものの
今回は完全ノーヒントなので攻略方法を自分で見つけなくてはなりません。
何も考えずに殴ろうものならあっさり倒されます。
なので最初はとにかくダメージの与える方法を探らなくてはならず
これもトライ&エラーの繰り返しでした。
これから始める人に一つだけ僕からアドバイスするならば
今いる場所で手に入れたガジェットが攻略のヒント
とだけ言っておきましょう。

ストーリーはアーカムオリジンズの後日談となり誰が言ったかわかりませんが
オリジンとアサイラムの架け橋となると言っていましたが
正直無駄に謎が増えただけなんじゃないかなと。
クリアしてもなんだかちゃんと終わった気がしませんでしたし。

クリア時間は大体10時間くらい。
ただ英語版でかなり悩んだので国内版だともっと早くなるかもしれません

そしてこのゲーム最大の欠点なんですが一度クリアすると完全な作業ゲーになります。
最初こそ探索に悩んで少しずつ前進して行くのですが
一度終えると全てわかってしまっていますし、戦闘も少ないのでなんの楽しみも無く進んでいきます。

このゲームでは主に三人のヴィラン、ジョーカー、ペンギン、ブラックマスクが中心となって進むのですが
誰から倒してもいいというシステムが取られており
倒す順番によってエンディングが変わるというのですが正直三周もする気が起きません。
いやそれでも気になりますし収集要素もコンプしたいと思っているので僕は多分やると思うのですが。

総括としては探索をメインにしたのは面白かったですが、リプレイ性が低いです。
これでチャレンジモードとかあればまだ良かったのかもしれませんが。
ただデザインや設定は相変わらずのアーカムですので話しは楽しめるかと。
操作性はうまく落とし込んでいますし、ガジェット関係もよく考えられています。
特に必ずあった爆破ジェルの代わりに登場するジェルランチャーの形や使い方が
どう見ても映画に出てきた"アレ"そのままなのでファンなら「おっ」と思います。
ただこれの性能が良すぎてなぜアサイラムからまた爆破ジェルに戻ったんだと違和感は感じますが。

面白いからお勧めとは正直言い難いですが
アーカムシリーズやバットマンが好きだって人は手に取ってもいいかもしれません。

そんなアーカム オリジンこと、アーカム ビギンズシリーズもいよいよ来週発売です
ファンの皆様は是非発売日に買って楽しんでいただければと。







関連記事
スポンサーサイト

category: Game

tag: Arkham 
CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shosroom.blog49.fc2.com/tb.php/272-d8506505
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)