Admin New entry Up load All archives

蝙蝠とか

バットマン関連の自己満足雑記。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

【アイテム紹介】 ToyBiz BATMAN Batman 

以前、バットマンの映画シリーズのフィギュアで
ブルース・ウェインからバットマンになるフィギュアは一通り紹介したので
今回からはメインとなるベーシックなバットマンのフィギュアをしていこうかなと。
ただしベーシックであって必ずしも劇中に忠実なわけではなく
あくまでもイメージが近いモノとなります。
なぜそんな注釈を入れるのかというのは後々わかるかと。
一回目はティム・バートン版のフィギュアとして最初に発売された
トイビズ版を紹介

20140207_1
トイビズと聞けばフィギュアに少しでも馴染みのある人であれば
すぐにピンと来るほど有名なメーカーですが
そのトイビズ社が玩具業界に参入して初めて出したのがこのシリーズです。

20140207_2
バートン版のフィギュアと言えばこの次のケナー版の人気が高いですが
劇中通り小さめな胸のエンブレムや、スラッと延びた足など
全体的なプロポーションはこちらの方がいいじゃないだろうかと思っています。

20140207_3
いまでこそトイビズと言えば出来の良さで有名ですが
当時の評判は非常に悪く、このバットマンも顔の造形に批判が殺到し
二回作り直されているというのは有名な話。
それぞれラウンドフェイス、スクウェアフェイス、キートンフェイスと言われ
画像のは最終版のキートンフェイスバージョンになります。

20140207_4
ちなみにトイビズ版なんと膝が可動します。
ケナー版はバットマン&ロビンの時になっても動かなかったので
ある意味凄いことなんじゃないかと。

20140207_5
付属品はバットラング。
序盤で使用したものですね。

20140207_6
そしてスピアガン。
企画の時期的な理由か、デザインがNGデザインを元になっています。

20140207_7
そのNGデザインは各種書籍など結構あちこちで目にするので
知っている方もいるのではないかと。

20140207_8
フィギュア自体にはベルトにリード線が入っており
リールで自動巻取りされるというギミックが入っています。

20140207_9
一応このベルトのリード線をバットラングに通して、
バットラングで上昇するバットマンというような感じで遊べるみたいなのですが
そのリード線を通す隙間が物凄く狭くて通せませんでした。

最初にも書きましたとおりあまり人気の無いフィギュアですが
スタイルの良さや、劇中に忠実なシンプルな付属品など
個人的にはコンセプトとしてはこちらの方が好きです。

次回はケナー版


関連記事
スポンサーサイト

category: 89's

tag: Toys  コレクション管理  89s 
CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shosroom.blog49.fc2.com/tb.php/286-4c714331
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。