Admin New entry Up load All archives

蝙蝠とか

バットマン関連の自己満足雑記。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

【アイテム紹介】 Kenner THE DARK KNIGHT COLLECTION & BATMAN RETURNS Crime Attack Batman  

前回に引き続き、映画版バットマンベーシックフィギュアの紹介
今回はケナーが最初に展開したシリーズ
ダークナイトコレクションからクライムアタックバットマンを紹介。

20140212_120140212_2
このシリーズは、1991年、バットマンリターンズ公開前より
トイビズの後を継いで発売されましたが、その出来の良さにファンからも歓迎されました。
その後ケナーはバットマン&ロビンに至るまでバットマンの映画フィギュアを発売していくことに。

このフィギュアも以前紹介したブルース・ウェインと同じくバットマンリターンズシリーズでも出ました。

20140212_3
フィギュアこそ発売されたのは90年でしたが
このフィギュア自体は1984年に同社が展開した
DCスーパーパワーズシリーズのバットマンを改修したものになっています。
とは言うもののあくまでもプロポーション程度で全面的に手が加えられているので
当時は充分通用するクオリティまで引き上げられていました。
ただよく見ると体の造形など劇中に比べると少し簡略化されています。

20140212_4
僅か数センチの顔でありながらしっかりとキートンだとわかる口元は見事。

20140212_620140212_7
付属品はオリジナルの武器。
グラップリングフック状のものと
バットラング状の形をしたミサイルを飛ばすことができる単純なモノ

20140212_5
トイビズ版と。
何度もいいますが
こう比較すると確かにケナーの方が出来はいいと思いますが
しっかり造形してあったりするトイビズ版も
決して悪いものでは無いと思うのですがね

20140212_8
ブルースチェンジフィギュアと
流石にこの時は変身させることが出来る上、
プロポーションを維持するのは難しかったようで。
ただボディの造形はチェンジの方が新規造形で作られているので劇中に近いですね
そしてこの二つのフィギュアが僕のお気に入り。
たとえホットトイズなどが出た今でもそれだけは変わりません。


以下ちょっとおまけ。
このシリーズでは確かにこのクライムアタックバットマンがベーシックタイプなのですが
それとは別にサンダーウィップバットマンというのもあります。

20140212_9
フィギュア本体としてはこんな感じ。
クライムアタックに比べると少し右腕が横に広がっています。

20140212_10
で、このフィギュア実はガントレット部分に関してはDCスーパーパワーズを使いまわした
クライムアタックとは違い、完全新規造形なので
劇中通りになっています。
その理由としてはフィギュアのギミックが背中のダイヤルを回すとガントレット部分から腕が回転し
持っている武器を振り回すというモノのため
ガントレット部分を別パーツ化する必要があったため、新規に作られています。
完品での開封品をまだ持っていないのでちょっと混ぜさせてもらいました。
かと言ってこちらはこちらで腕が横に広がっているため、各種ビークルに乗せられなかったり
やっぱりケープで隠れるとはいえ、背中にダイヤルが付いてたりするので
どちらが好きかはその人次第だと思います。

20140212_11
以上、クライムアタックバットマンでした。
ベーシックフィギュアなだけに本シリーズでも一番人気のあるフィギュアなため
オークションなどでも一番値段が付いていますが
その分一番数も多く出ているので焦らなければいまでも比較的妥当な値段で入手できるかと。


関連記事
スポンサーサイト

category: 89's

tag: Toys  コレクション管理  89s  Returns 
CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shosroom.blog49.fc2.com/tb.php/287-1505e186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。