Admin New entry Up load All archives

蝙蝠とか

バットマン関連の自己満足雑記。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

【アイテム紹介】 Mattel DC Comics Multiverse 4 Inch Action Figure Armored Batman 

なんとか仕事の波も乗り切り一息付けましたので・・・。

今回からはマテルの新シリーズDCマルチバース4インチフィギュアシリーズを紹介
シリーズの名称どおり、いろんな作品のDCキャラを展開していくのかと思われます。
20140805_1
一回目はベーシックにアーカムシティのアーマードバットマン。
ノーマルバットマンではなくアーマードを選んだ理由は後日わかるかと。
全体像
20140805_2
パッケージ越しからでも感じていたので、購入前から期待度は低めだったのですが
やはり下半身が貧弱に見え若干バランスが悪く見えます。

20140805_3
他社の3.45インチフィギュアと比較。
見ての通り、シリーズ名こそ4インチと記載しているものの、サイズは完全に3.75インチになっています。
しかし、こう比べると更に出来の微妙さが際立ってしまいますね。

20140805_4
顔はサイズがサイズなのでしょうがないですが、雰囲気は出てるかなと。
あと、これ以上は無理だったのか、耳が結構太くなってます。

20140805_5
ボディは見ての通り、胸のエンブレム以外はほとんど印刷。
さすがにこれは予想外でした。
なので造形は皆無で凹凸もありません。

20140805_6
作品的にはWiiUで発売されたACのアーマードエディション扱いなので
左腕のガントレットにはゲームでもギミックの一つでもあるディスプレイが付いています。

20140805_7
このシリーズは初なので可動範囲を説明しますと
首と腰それぞれ左右に回転するのみ
腕は画像の通り手首、肘、肩となっており
肩のみ二軸で可動しますが、手首は左右に回転、肘は前のみで横ロールは無いので
手首を胸元に持ってくることはできません。
なので当然ガントレットのディスプレイを前に持ってくることも不可。

20140805_8
足は膝と股関節が可動。
股関節は肩同様二軸になっており、膝に関しても横ロールが入っています。

20140805_9
なので大したポーズは取れず。
それでも2年前に出たライジングのフィギュアに比べると大分進化しました。
というかよくよく考えるとこれ5インチフィギュアよりも動きますね。

20140805_10
付属品はアーマードエディションVerということなので
本作から追加になった、ショックガントレットの起動時のエフェクトパーツ。
左右共通で特に固定するピンなどはありません。

20140805_11
以上、アーマードバットマンでした。
正直全体のプロポーションや造形は微妙。
パッケージにも記載されている通り、一応大人向けとしていますが
この程度だと満足できないのでは、と思います。
ただキャラが増えていけばある程度固体での出来の悪さは気にならなくなるので今後に期待。
可動は増やそうとした努力はありますが、二世代くらい前なのでこればっかりはもっとがんばって欲しいところ。
ぶっちゃけパッケージの"ADULT COLLECTOR"の記載さえ無ければ全て丸く収まりそうな気がします。

次回はこのシリーズで一番楽しみだったアイテムを紹介予定。
あと、大半の人が気にしていると思われるこれの大型アイテムに関しても既に注文済みですので
上記の記事を終え次第、紹介したいと思っておりますのでしばしお付き合いいただければ。

でわ

関連記事
スポンサーサイト

category: Toys

tag: Toys  コレクション管理  Arkham 
CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shosroom.blog49.fc2.com/tb.php/317-617d9542
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。