Admin New entry Up load All archives

蝙蝠とか

バットマン関連の自己満足雑記。

75周年記念 渋谷・原宿ジャックイベント 

ということで先日23、24と休みを取り、渋谷で開催されている
バットマン75周年渋谷・原宿ジャックイベントの記念ショップ&バットマン・カフェへ行ってきました。

20141026_120141026_2
バットマンも今年で75周年。
その75周年を記念して開催され、俺が行かなくて誰が行くと意気揚々と向かいました。
上記以外にも地区内の数々のショップでは限定アイテムやラリーチケットなどもあったのですが
どちらもこれといって惹かれるモノが無かったので
今回はこの二つのみという形に。
どちらも渋谷のタワーレコード内にありますが
初めに8階のショップへ。
入口では等身大バットマンがお出迎え
20141026_3
ショップではありますが単にアイテムが売っているだけではなくいろんな展示品もあり
楽しめる作りになっています。

初めに目を引いたものとしてはダークナイト・トリロジーのバットマン等身大フィギュア勢揃い
20141026_620141026_720141026_8
ビギンズは既に10年近くも前なのでやはり造形が微妙だったりしましたが
それでもこうして三作揃うとやはり壮観

20141026_4
ほかには発売直前のホットトイズの格納庫も

20141026_5
初めて実物を見ましたが、これガジェット関連全部取れそうですね。
そうするとバットマンに持たせられる付属品としてプレイバリューが非常に高そう。

20141026_9
またそれ以外にもコトブキヤ製のアーカムシティを始めとした
数々のアイテムも展示されていました。

20141026_1020141026_11
20141026_1220141026_13
20141026_1420141026_15
20141026_1620141026_17
画像のほかにも店内最奥のスクリーンにて歴代バットマン映画やアーカムナイトのトレーラー、
アダム・ウェスト版バットマンのBD-BOXの予告映像等が流れておりました。
店内で扱っている商品も、シャツやマグカップなどから各種DVDから
最近出たばかりのNECAの1/4ジョーカーや
以前発売したアーカムオリジンのグラップリングランチャー、
さらには今年のコミコンで売られたプレイアーツのアーカムオリジンバットマンとデスストロークの限定バージョンと
非常に豊富な品ぞろえになっていました。

そしてここで千円以上買い物すると先着で限定のピンバッチがもらえます
20141026_23
缶バッチの方は記念で買いました。

その後は2階のバットマン・カフェへ。
ここでは期間限定でバットマンメニューが食べられるというもの
20141026_18
メインメニューのハンバーガー。
バットマンの焼き印が入ってます。

20141026_19
包んでる紙もバットマン仕様。
ちなみに味は上々、大変おいしく食べられました。
というか食い応えが半端無かったです。

20141026_2120141026_20
食後はデザートのチーズケーキとコーヒーで一服。
どちらも良いお味でした。
てなことでさっくりとレポートでした。

また現在渋谷では新聞をモチーフにした本イベントの二つ折りのチラシが配られており
20141026_22
裏面には今回のイベントの共催ショップの地図と
今回のイベントラリーで抽選で手に入るアイテムの内容が記載

20141026_23
開くとバットマンの簡単な紹介と新商品の宣伝が記載されています。
しかしプレイアーツのロールシャッハの場違い感。
一応同じDC作品だからいいのかな。

てな感じで友人と行ったのですが、なかなかに有意義な時間を過ごせました。

それと同日、メディア向けにこんなこともやっていたようですが
バットマンが生誕75周年記念で渋谷・原宿をジャック!
なぜ上げるかと?
さぁなんででしょう。

ちなみにメディアとかいろいろ盛り上げようとしてるみたいですが
当日の周りの反応は皆さんご察しの通りだと思います。
日本でそこまで盛り上がるのかと。

そしてその次の日。
24日にはWOWOW主催のバットマン・オールナイトに行ってきました
イベント聞いた時から何が何でも行かねば!!
と何とかして行くことができました。
今年の5月にも一応スクリーンで
という夢は叶ったのですが
若干古い劇場だったこともありスクリーンサイズや音響等残念なとこもあったので
今回のUDXで見られるという喜びは非常に大きかったです。
作品は言わずもながら腹いっぱい心の底から楽しめました。
"作品"は
まぁここでもいろいろありまして。
まず今回のイベントは50組100名招待ということなのですが
なんとまぁ50人もいない。しかも興味ありそうな人がほぼ皆無。
ただ逆に本当に好きな人とも出会えたので良かったのですが・・・・・。
ついでに開始時と一作目終了時にトークショーが挟まれたのですが
一応呼ばれた人に関してはちゃんとバートン版の事を語ってくれたりと面白かったのですが
司会の二人がああ完全仕事だから来てるんだなぁという風にしか見えず
おまけに長い。
更に知ってる人は知ってると思うのですが
このトークショーの様子はニコニコ生放送にて公開されたのですが
そこでコスプレファン紹介というのもやっていたのですが彼(女)らについてもお察しください。
あの人達も大変だなぁと心底思いました。
だって誰一人バートン版のコスプレいねぇんだもん。
そういう意味で本当に誰が得をしたイベントだったのか。
というかワーナーが無理やり盛り上げようとしてたんじゃないかという感じで興ざめしました。
ただ作品は本当最高でした。
その点は感謝しております。
最後に一つ。
トークショーにて観客として来ていた杉山すぴ豊さんが中盤よりトークショーに参加したのですが
その時に今作の一作目の時、バットマンが化学工場でジャックを助けようとしたのか。
それとも意図的に落としたのかわからずじまいと言っていたのですが
この辺は未だ話題になっていることもあるのですが、本作の脚本をベースにした小説によりますと
一応助けようとしたが滑って落ちたと書いてあるので助けようとしていたのだと思います。
まぁ本編と変わってる可能性もあるのでなんとも言えませんが可能性の一つして。
ちなみにティム・バートン版のバットマンは今年で25周年というとこで新規の特典映像が追加された20周年記念Verも出るので
今から買おうと思っている人はこちらがお勧め。

ともあれバットマン75周年おめでとう!





関連記事
スポンサーサイト

category: 雑記

tag: 89s  Returns 
CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shosroom.blog49.fc2.com/tb.php/324-39b448f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)