Admin New entry Up load All archives

蝙蝠とか

バットマン関連の自己満足雑記。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

【アイテム紹介】 Mattel DC Comics Multiverse 4 Inch Action Figure Catwoman 

今回は以前紹介したマルチバースのティム・バートン版シリーズの最後の一体。
キャットウーマンの紹介。
20141204_1
一言言うとやっとこさ入手できました。

全体像
20141204_2
マルチバースシリーズでも珍しく、というか初(?)の女性素体で
体格的には非常に細いです。
可動範囲に関してはバットマン等と全く一緒。
ただこのキャットウーマンに関しては細い上に足がハイヒールなので
めちゃめちゃ立たせ難いです。

20141204_3
顔は海外フィギュアの女性キャラ特有の宿命はあるものの
結構がんばって雰囲気はあると思います。
ただ劇中のキャットウーマンは病的なまでに白い肌をしていたので
肌の色はもっと薄くても良かったかな。

20141204_4
コスチュームの縫合部分はほとんどライン塗装で極一部には造形も入っています。
また何箇所かは解れて肌が見えている表現に。

20141204_5
付属品は分かりやすく鞭一つ。
保持的には問題無いのですがちょい太い。

20141204_6
おまけに固めで表情も付きにくく、持ち上げることこんなことに。

20141204_720141204_8
バットマンと絡ませてアクション。
バットマンが無印版ですが絡ませても違和感はほとんどありません。

20141204_9
二人で悪巧み。
並べるとペンギンが凄い大きいですね。
実際もっと背丈は小さいはずなのですが。

20141204_10
そしてこれと並べるために出したとしか思えない素顔バットマンと。

20141204_11
最後にバートン組全員で。
正直言いますと劇中のようにしなやかなポーズが取れるわけでもないのですが
こうして並べられることが出来ることがこのアイテムの一番の魅力だと思います。
しかしこう見るとバットマンもリターンズ版で欲しかったところ。
というかジョーカーを出せない以上、わざわざ別版権を取ってまで出すよりも
黙ってリターンズ版を出したほうが良かったのではないかと思います。
それなら素顔版の充分納得できるチョイスでしたし。

そしてこのキャットウーマン、なぜこんなに紹介に時間がかかったと言うと
このアイテム、どうやらアソート内ので数が少ないらしく
国内ショップだと平気で3000円を超えてしまい
それ以下だと同シリーズのスーパーマンとのセットのみで
中々手に入れるのに苦労してたのですが、
先日やっと単品をそれなりの値段で入手することができました。
確かにこれ自体を欲しがる人もあまり多くないですししょうがないのかなぁと思います。


関連記事
スポンサーサイト

category: Returns

tag: コレクション管理  Toys  Returns 
CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shosroom.blog49.fc2.com/tb.php/327-9c90f512
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。