Admin New entry Up load All archives

蝙蝠とか

バットマン関連の自己満足雑記。

【アイテム紹介】バットマンビギンズ トレーディングカード オートグラフ キリアン・マーフィ 


20120220_1


海外でバットマンビギンズ公開時に発売されたトレーディングカードシリーズ。
それの約5箱に1枚入っているレアカードのオートグラフ(サイン)の
ビギンズ、ダークナイトでそれぞれヴィランであるスケアクロウを演じた
キリアン・マーフィのオートグラフです。

映画のトレーディングカードに当たりとしてサインカードや
役者が着たコスチュームの一部が入っているのは結構有名ですが
このオートグラフカードはわけのわからない信憑性も無い証明書の付いたオートグラフとは違い
カード会社が映画会社から正式ライセンスを取得し、役者側もプロモーションとして契約の内に入ってもいるので
正真正銘のオートグラフとしては一番手頃に入手しやすいシリーズです。
但しだからと言って易々と入手も出来ず、特に人気のある役者のモノは平気で高値が付きます
個人的にはカードというのも僕は気に入っており
でかでかと額に入ったでかいものよりはこういった小さいものの方が好きで
演じたキャラのフィギュアやレプリカの傍に飾ると高級感があります。

ビギンズのカードシリーズではこれ以外には
マイケル・ケイン/アルフレッド・ペニーワース
ゲイリー・オールドマン/ジェームズ・ゴードン
リーアム・ニーソン/ヘンリー・デュカード
ケイティ・ホームズ/レイチェル・ドーズ
の4種と皆素晴らしい役者達のオートグラフが存在します。
中でもリーアム・ニーソンとゲイリー・オールドマンがあるとはかなり凄いんではないかと。
残念ながらクリスチャン・ベールは無いのですがあの人は結構気難しい性格ですし無理だったか
もしくは都合が付かなかったのかはわかりませんが主人公が無いってのはちょっと残念。

そしてこのスケアクロウはビギンズでは最もコミックに近い姿のヴィランであり
演じたマーフィもノーラン版バットマンでのバットマン役の最終選考まで残ったということでも有名です。
一説によるとノーランがバットマン役にこそ出来なかったものの大変気に入り
わざわざスケアクロウを追加で脚本に付け足したとまで言われており
同監督作のインセプションにも重要なキャラとして登場していました。
ダークナイトでカメオとはいえ出演してくれたのは嬉しかったです。
ちなみにスケアクロウ自体はバットマン&ロビンの公開直後に続編、「トライアンファント」でのヴィランとして
決定していましたが残念ながらお蔵入り
最近になって幻覚により過去のヴィランと対峙するというプロットだったということが明かされましたが
それがバットマン&ロビンの次作に登場するというのはなんとも因縁深い。
キャラ自体も恐怖をテーマにした本作にはこれ以上に無いうってつけのヴィランだったと思います。

ついでにバットマンの映画のトレーディングカードはほかにも上記のバットマン&ロビン出ていますが
当然オートグラフもあります。メインキャラ全員。
つまりユマ・サーマンとかジョージ・クルーニーとかアーノルド・シュワルツェネッガーのオートグラフが入っているわけで・・・
書いてるだけでどんだけ豪華なんだと頭が痛くなってきますが、それだけ値段も付いてます。
ただジョージ・クルーニーはバットマンのカードにサインしてるだけあって
一番忘れたいサインなんだろうなぁ・・・。

ダークナイトのトレカは発売されていませんが
これは発売予定が無かったのか発売できなかったのかはわかりませんが
僕としては発売を中止した。
そんな気がします。
オートグラフに関してはいまのとこ、これしかありませんが
それ以外にもう一枚持っているので都合が付いたときにでも。
関連記事
スポンサーサイト

category: Begins

tag: Begins  The_Dark_Knight  コレクション管理 
CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shosroom.blog49.fc2.com/tb.php/339-edbf1925
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)