Admin New entry Up load All archives

蝙蝠とか

バットマン関連の自己満足雑記。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

【アイテム紹介】 DC Collectibles Batman Arkham Knight BATMAN 

やあああああああっと仕事の繁忙期を乗り越えてやっと終わりが見えてきました。
仕事の一つは出張の泊り込みだっただけにブログ更新も滞ってましたが
そろそろ再開できそうなのでぽつぽつと。

今回は軽めにDCコレクティブルより遂に発売されたアーカムナイト版バットマン
20150405_1
待ち遠しかった人も多かったのではないでしょうか。
受け取って驚いたのがまずパッケージがブリスターからボックスタイプに変わったこと。
DCコレクティブルでは以前あるシリーズでボックスが使われていましたがまさかここまで来るとは思ってませんでした。

てなことで全体像
20150405_2
アサイラムからシティ、オリジンと来てついに最終作ということですが
造形的にも少しずつクオリティアップしてきておりかっこよく仕上がっております。
残念なのは今回のバットスーツがガチガチのアーマースーツになっているものの
腹筋など見るとわかりますが全体的に緩い造形になってしまっていること。
後は足のアーマーのダメージ表現も安っぽい。
個人的には前作のデスストローク並みのを期待していたのですが。
プロポーションは問題なし

20150405_3
顔は相変わらず。
しかしながらオリジン以降、大分雰囲気が出てきましたし
このサイズなら充分かと。
ただあの情報量の多かったカウルがスパッとモールド省略されて少し寂しく見えます。
ちなみに首周りから肩に掛けての模様は印刷。

20150405_4
そして可動範囲ですが
正にアーカムシリーズ集大成とも言わんばかりで
オリジンで驚愕した可動範囲から更に大きくなり
より一層ダイナミックなアクションが出来るように。
驚いたのが肩がいままでただのボールジョイントだったのが
更に前後の可動まで追加され、更に肘(と膝)が二重間接になり
拳を口元の前まで持っていけるほどに
尚、肩アーマーは軟質素材なので可動に影響はありません。
ただ残念なのは拳が完全な握り手じゃないので
殴りポーズがイマイチ締まらないことでしょうか。

20150405_5
なのでガントレットのコンソール操作のポーズも余裕で取れます。
これは地味に嬉しい。

20150405_6
付属品はまずバットマンと言えばということでバットラング。
まともなバットラングが付属するのはなんとアーカムアサイラムシリーズ1のバットマン以来。
こちらも中央の円盤部までしっかり作りこまれており
さらに可動範囲の大きさも相まって投擲ポーズもしっかり決まります。

20150405_7
一応下半身の可動範囲のために全身像で一枚
ベルトポーチは軟質なのでこちらも可動に影響はなく
膝をほとんど曲げてませんが正座できるくらいには動きます。

20150405_8
もう一つの付属品はラインランチャーと専用の持ち手
なぜラインランチャーと思いますが、どうやら今作は初期装備の一つのようで。
個人的にはやはりグラップリングランチャーが欲しかったのですが
こちらはシリーズ2以降のバットマンの為に敢えて付けなかったんではと。
そしてこれ使ってどうアクションさせればいいのか・・・・・。

20150405_9
ということで駆け足気味でしたがアーカムナイトバットマンでした。
正に今まで培ってきたノウハウが惜しげもなく盛り込まれており
期待通りの出来で大満足。
久々に動かしてニヤニヤできるフィギュアとなっておりました。
サイズ、出来、値段、入手難易度全ての総合で文句なし。
これ以降1/4、プレイアーツが待機してますが総合得点だとこれ以上のモノは出ない気がします。
残念だったのは付属品の少なさ。
いやこれが普通なのですがアニメイテッドシリーズのあの大ボリュームを見せられると欲が出てしまいます。
せめて握り拳が欲しかったところ。

もしかすると下半身の可動範囲説明用に画像追加するかも。


関連記事
スポンサーサイト

category: Toys

tag: コレクション管理  Toys  Arkham 
CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shosroom.blog49.fc2.com/tb.php/342-8a56d8be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。