Admin New entry Up load All archives

蝙蝠とか

バットマン関連の自己満足雑記。

【アイテム紹介】 Mattel Batman v Superman Strike Batmobile Vehicle  

前回はBvSのバットマンを紹介しましたが、今回は同シリーズよりビークル
バットモービルの紹介。

20160118_1
BvSのモービルのは既にホットウィールなどでも商品化されていましたが
フィギュア対応ビークルとしては今回が初。
バットマン同様、5インチから6インチへの対応ビークルとなっております。
20160118_2
全体像。
6インチ対応ということでかなり大きいかと思いましたが
実際はいままでの5インチサイズとほぼ同等
むしろタンブラーよりかは大きいですが、それ以前よりかは小さいくらい。
カラーリングは何故かブラウン系に。

20160118_5
バランスについては実物とはかなりかけ離れており
まずタイヤ部分の幅が狭く
横広だった車体がどちらかというと縦長になってしまっています。

20160118_6
更にギミックのため、実車よりもかなり車高が高く、かなり厚めに見え
また、正面のキャノンもかなり大きくなっています。

20160118_3
正面から見るとこちらは意外とそれっぽく見えます。
ただやっぱりキャノンはちょっと大きいですね。
というかこれじゃ正面見えませんて…

20160118_4
背面はシャフトなどがオミットされており大分すっきりした形に。

20160118_7
ギミックとしてはなによりまずフィギュアを搭乗させることが可能で
キャノピーを上に持ち上げる形でコクピットを開きますが
あの印象的な展開が再現されていないのはほんと残念。

20160118_8
乗せる際にはこれといった事もなくただ座らせるだけでハンドルなどはありません。

20160118_9
キャノピーを閉じれば搭乗完了。
けどキャノピーウィンドウ自体がクリアではないので
別に乗せても乗せなくても変わらない、と思いますがこれはこれでちょっと意味がありまして。
ちなみにキャノピーウィンドウはわざわざ別パーツになっており
そこだけツヤ有りになってたりとかなり雰囲気は出ています。
で、本アイテムのギミックなのですが搭乗、そしてあとは当然転がし走行ができますが
下記が一番のギミックで

20160118_10
キャノン部分を正面から勢い良く押すと正面装甲が吹き飛び若干ですがキャノピーも開きます。
スーパーマンに壊されるようなイメージですね。
そしてこの時キャノピーも開くので乗せているバットマンも見えるようになっています。
それと装甲パーツについては一応固定用のツメがあるにはありますがほぼ無意味に等しく
ほとんど乗せているだけのような状態なので逆さまにしたら簡単に落っこちます。

20160118_11
モービルの裏には内部造形もされており
これがまた凄い気合の入りようでびっしりとモールドが埋まっております。

20160118_12
それ以外には正面キャノンのミサイルを発射できるみたいですが
申し訳ありませんがこちらは未開封。
ミサイルの色からクリプトナイトをイメージしているんでしょうか?

20160118_13
ということでBvSバットモービルでした。
前回のバットマン同様いろいろ言いたいことはありますが
やはりクオリティを求めるのであれば手を出さないのが吉。
けど純粋にバットマンを乗せられるビークルで更に
スーパーマンと組み合わせて遊べるという点ではこれで充分ではないかと。
特に一番の破壊ギミックに関してはBvSだからこそ出来たギミックですし。
ぶっ壊すっておい、と思いましたがこれはこれで楽しいです。



関連記事
スポンサーサイト

category: BvS

tag: コレクション管理  Toys  BvS 
CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shosroom.blog49.fc2.com/tb.php/363-df3c34e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)