Admin New entry Up load All archives

蝙蝠とか

バットマン関連の自己満足雑記。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

【アイテム紹介】スクウェア・エニックス PLAY ARTS改 BATMAN v SUPERMAN Batman 

今回はプレイアーツよりバットマンvsスーパーマンからバットマンの紹介。

20160523_1
BvSシリーズの記念すべき一体目。

全体像
20160523_2
アフレックバットマンということでやはり気になるのはあのボリューム溢れる筋肉ですが
プレイアーツはいつもながらということで少々控えめな造形に。
ただアメコミのコミックなどではなく実際の人間が極限まで鍛えたものをフィギュアにしているため
むしろ盛りすぎても嘘っぽくなってしまうので、ある意味では丁度いいサイズになっているような気もします。

20160523_3
顔は正直凄い似てます。
最初見たときびっくりしました。
雰囲気が良く出てますし、カウルのシワまでしっかり再現されています。

20160523_4
バットスーツの造形は完全にバリバリの筋肉造形に。
また所々砂埃のようなウェザリングも入っております。

20160523_520160523_6
可動範囲はいままでのプレイアーツにすると股関節がちょっと狭めですが
それ以外は従来どおり。
但し、腰に関してはスーツの造形もあってか、かなり深く前かがみにすることができます。
ケープについてはいままでと同じく左右二パーツ構成で根元にジョイントが入ってる形になっております。

20160523_7

20160523_8

20160523_9
付属品。

20160523_10
初めにグラップリングランチャー。
やはりこれが無くては始まらない。
持ち手は右手のみ。
見た目以上に数々の使い方ができ、敵を引き寄せたり

20160523_11
自らを高く上昇させたりと正に万能ガジェット。
本作ではどちらの使い方も非常に効果的に使ってくれて嬉しく思っております。

20160523_12
フック部分は取り外しが可能なので
どちらの構えにしても見栄えがいいのも嬉しい。

20160523_13
続いてこちらもお馴染みバットラング。

20160523_14
同じく持ち手も右手のみ。
こちらも劇中では武器だけではなく印象的なマーキングにも使われており
映画を観た人は一番印象に残っていたんではないかと。
というかバットマンの映画始まって既に50年経ちますが初めてなんですよね。
明確にバットラングでダメージ与えた映画って…

20160523_15
最後に謎の付属品の手榴弾。
いやほんとになんで付いているのかまったくわかりません。
正直これをつけるくらいなら焼印が欲しかったです・・・。
あと一覧にはあるものの使った画像を載せ忘れましたが、
左手のみ開き手が一個付属しております。

20160523_16

以上、プレイアーツBvSバットマンでした。
最初手に取ったときは少し細いかなぁ、と思ったものの
動かしてみるとそんなことは全く気にならなくなるかっこよさでした。
プレイアーツのバットマンシリーズはそれはもう数々触ってきましたが
その中でも上位に入るんではないかと。
残念なのはアーカムナイトバットマンと同じく
ケープの形が裾に行くに連れて広がっている形に違和感があるのと
手榴弾という意味不明な付属品が付いてるくらいでそれくらい。
今回もちょっと画像少ないかなぁと思っているので気が向いたら何枚か追加したいなぁと。
次のアーマードバットマンも非常に楽しみです。







関連記事
スポンサーサイト

category: BvS

tag: コレクション管理  Toys  BvS 
CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shosroom.blog49.fc2.com/tb.php/375-335e5032
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。