Admin New entry Up load All archives

蝙蝠とか

バットマン関連の自己満足雑記。

【感想】 ネタバレ無 スーサイド・スクワッド 

てなことで、本日とあるご縁のおかげで
一足先に鑑賞させていただきましたのでその感想を。

BvSと同じくネタバレどころかトレーラーについても重要な点についてはほぼ触れないように書いてみました。
なので鑑賞前の参考にしていただければと思います。

ただ一つだけ。
本作についてニュースを調べると製作時のいろいろな話が出てくると思いますが
それを見てしまうと楽しめなくなってしまう可能性がありますので
それらについては本作を鑑賞後、こんなことがあったのか。
という形で見た方がよいかと。
しかし公開からまだ一ヶ月あるのに字幕付けるの早いですね。

ということで本作の感想ですが、先に言わないと誤解されてしまいそうなので言いますが
とても楽しめました。
いやほんとめちゃめちゃ楽しかったです。
ただ本作は先日海外でも公開されましたが、その評価が某サイトで
批評家には微妙な扱いで、観客には大好評という感じだったんですが
そんな感じするよなぁという作風。
とにかく物凄い馬鹿映画になっており、ひたすら馬鹿になれます(良い意味で)
観終わってからも特に何にも残らない。
けどそれが逆にすっきりとして劇場出ることができました。
ストーリーがトレーラーでもほとんど明かされてないので詳細は控えますが
馬鹿共が集まってスーサイドスクワッドになって馬鹿やりに行く話。
そんな感じ。
本当に全編ユーモア溢れる映画になっており、終始劇場からは笑い声が聞こえてきました。
割とみんないろいろ予想してたりするんですが、それが尽く裏切られると思うので
そういう意味では意外性はあるんではないかと。

良くも悪くも作風はBvSとは正反対というほど違う作品です。
予備知識についても全く不要で、キャラクターや舞台も丁寧すぎるくらいに説明されるので
無知でも問題ありません。
但し、メタヒューマンという単語だけは知っておいたほうがいいかも
簡単に言えば人間以上の能力を持った存在(スーパーマンとかワンダーウーマンとか)

個人的にはバットマン好きの人だと序盤におっ!と思うくらいの新事実が判明します。
ちなみにバットマンと言えば、人によっては今作でバットマンの印象がグッと変わるかもしれません。

登場キャラクターについてもメインが10人以上になってるとはいえ
どのキャラも見せ場や活躍シーンもあるのでどのキャラもそういやいたな…って事にはならないはず
その中でもやはりみんなが期待しているハーレイ・クイーンはズバ抜けてよかったです。
もう全編ハーレイのPVかって感じ。
可愛くてエロくてそして良い狂いっぷりでした。
とりあえず実写のハーレイを観に行きたい!って方は間違いありません。
ファンには嬉しいサプライズもあります。
今作はハーレイ含め、女性キャラクターが本当に魅力的に描かれており
ハーレイ、エンチャントレス、カタナ、アマンダとどのキャラもそれぞれ見せ場があるので
ある意味、女性キャラクターの映画と言っても過言ではありませんでした。
男性キャラクターだとやっぱり元の設定もあってデッドショットがお気に入りで
元々ウィル・スミスのファンということもあって時にはかっこよく、時にはユーモア全開で
作品を盛り上げてくれておりました。
それとトレーラーでも何かと話題(?)のキャプテンブーメランなんですが
今作と物凄く面白いおじさんなんですが、それは置いといて
演じてるジェイ・コートニーってそういや誰だっけ?
と調べたらターミネータージェニシスのカイル・リースやってたのが衝撃的すぎました。
キャラ全然違う…

あと、ジョーカーについてですが詳細は伏せますが
個人的には申し訳ない、本当に申し訳ないんですが正直過去一番合いませんでした。
ただそれはジャレッド・レトの演技が悪いわけでもビジュアルが悪いわけでもなく
今回の脚色がちょっと、という感じ。
演技はとても良かったですし、彼は彼で新しい笑い方も披露してくれるので
その点では不安は全くありませんでした。
ただ今作での活躍を見て、えー、と思わざるを得ませんでした。
多分バットマンが好きであれば好きであるほど納得してくれる人がいるんではないかなと。
そう信じたい。

BvSと違って前作があるわけではないので
簡素になってしまいましたが、ともあれ本当に楽しめる作品になっており
特に派手なアクションと馬鹿っぷりには最近の難しい話になっていくアメコミ映画の
良い清涼剤になってると思います。

そして、すいません一切ネタバレ無しと書きましたが
どうしても言いたいことがあるのでちょっとこれだけ。
極々軽微なネタバレになっているので
見たい人だけ反転してください。



↓この辺
ハーレイがプリンちゃんって言いながら
嬉しそうにジョーカーに抱きつくとこ見られるだけで今作の価値はありました。







関連記事
スポンサーサイト

category: BvS

tag: BvS 
CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shosroom.blog49.fc2.com/tb.php/380-b2516da4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)